読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地震は必ず来ます!耐震補強は万全ですか!?  東京・「便利屋こころ」 豊島区池袋

《願って居る訳ではないですが、地震は必ず来ます!》

マー君のブログ 地震とは、地下の岩盤が周囲から押されることによってある面を境として
ずれるこの岩盤のずれが起きると地震波が周囲に伝わり、
やがて地表に達すると地表が「揺れ」ます。私たちはこの「揺れ」で、
地震が地下で発生したことを知ります。

日本で地震が発生しないところはありません。小さな規模の地震は日本中どこでも発生しています。

また、ある場所で過去に大きな地震が発生して

いたとしても、表に痕跡(活断層など)が残らないことがあります。

このため「この場所は大きな地震が絶対ありません」と言えるところはありません。

もし来た場合、被災地の方は落ち着いて行動して、どうぞ気をつけてください。

マー君のブログ 常日頃の備えとして、地震が起きる前に家具の固定、

寝室には倒れるおそれのある物を置かない、
懐中電灯やスリッパを手探りで探せる位置に置いておく等の

準備が必要です。

避難場所も事前に確認しておくことが重要です。

地震時には、あわてずに、まず身の安全を確保することです。

具体的には、頭を保護し、大きな家具からは離れ、

丈夫な机の下などに隠れるなどにより身の安全を確保しましょう。

◎家の圧壊を予防するリフォームで耐震補強!


マー君のブログ 地震が発生して、家が大きく揺れてしまうと、倒壊するのではないかという恐怖を覚えると思います。

特に二階建ての木造建築集宅では、二階が重いと、

一階が潰れてしまうのではないかと想像してしまう事もあります。

では、一階が潰れてしまうとしたら、その原因は二階が重いから、

なのでしょうか。もちろん重さは重要ポイントです。

上に重いものがあって、その重さを支えきれないとなれば、下は潰されてしまいます。

いわゆる圧壊です。家の圧壊を防ぐには、実は二階を軽くする事だけではなく、

 

構造そのものをリフォームして、二階の揺れと一階の揺れとを計算した上で、建物に対する負担を軽減するのが望ましいのです。

つまり重さではなく、構造がポイントになるということです。構造を計算した上で、



家の圧壊を防げるようになれば、その結果として耐震性能も向上します。

地震の揺れに対して、直線構造は強さを発揮できます。しかし、直線ではなく、

凹凸状の構造になっていると、凹凸部分などに負荷が掛かってきます。地震の揺れは、


マー君のブログ一階の外壁の上に、そのまま二階の外壁が載っていれば、負荷が軽減されるのですが、一階の外壁の上に二階の外壁がなくて、

二階の外壁が一階の梁の部分だけで支えているとなると、

柱のない梁の部分に大きな負荷が掛かってしまう事になるわけです。

地震の揺れで家が倒壊するのは、家が歪み、その歪みに耐えられなくなるからです。

家が圧壊するのは、家が歪んだ時に、二階の重さを支える構造が一階で不十分だからです。

そういった問題点を改善するように負荷軽減のリフォームをすれば、耐震性能が向上する結果が得られます。

◎火の始末は揺れが収まってからあわてずに行いましょう。

揺れが収まった後は、火の始末をし、地震に関する情報をテレビ・

ラジオ等で確かめ、隣近所に声を掛け合って、避難します。

避難は徒歩で、荷物は最小限にしましょう。

また、海岸付近で強い揺れを感じた場合は、すぐに津波が来襲することが

ありますので、

津波警報や津波注意報の発表を待たずに速やかに高台などに

避難することが重要です。

1・まずは身の安全を図ってください(机にもぐるなど)

2・揺れが収まってきたら、深呼吸。落ち着いて下さい。

3・ガラスの破片に気を付けて、火を消しましょう

4・出入り口を開けておきましょう(ガラス片に注意)

5・海沿いや河口付近では、津波に注意してください。

6・海沿いや河口付近では、地震があったら津波警報を待たず、

  すぐに高台へ避難してください。

7・クルマ以外で、すみやかに高台へ避難してください。

 

※ 近所に火事は起きていませんか?起きていたら、 消火できそうなら

   ご近所みんなで消火を!

  
出来きそうにないなら、ご近所みんなで避難する準備をしましょう。

消防車も救急車もしばらく来ないので、逃げることになるかもしれませんから。



※ 避難について
  
 避難しない方がいいかもしれませんよ。 家の外は危険です。


家が崩れそうになく、火事やガス漏れがないなら、断水や停電が起きていても避難しない方が安全です。
(ただし、行政の避難指示には従いましょう)

持ち物は貴重品と避難袋だけ。一番大切な財産はあなた自身です。


※ クルマでの避難は厳禁。
  
避難は徒歩や自転車などで。クルマは消防車、救急車の邪魔です。

逃げ遅れる原因にもなります。

避難する前に、電気のブレーカーを落とし、ガス栓を閉めましょう。

避難場所は一般に、一番近くの学校や公園です。みんなが集まれば、なんとかなる!

避難する道中では、塀や自販機の倒壊・転倒や落下物に注意しましょう。

※ わが家の耐震性能は、大丈夫かな?

マー君のブログ家具や家電の転倒防止など、家の中の耐震対策と

合わせてぜひ取り組んでいただきたいことは、住まいの

耐震性のチェックです。

特に戸建て住宅に住んでいる方は、自分自身で家の

メンテナンスをしなくてはなりませんので、

この機会にチェックしてみましょう。

今お使いの家具転倒防止具で、地震からご家族を守ることができるでしょうか?

 

東日本大震災以降、自宅をはじめ、マンション・アパートはもちろん、

ビルなどの耐震強度に対して不安を抱えている方が増えています。

その一方で、インチキな耐震リフォーム工事を強引に勧誘してきたり、

詐欺まがいの手口があったりと、不安な気持ちや無知につけこむ業者も

増えています。

悪質な業者は主に高齢者世帯を狙い、自宅にいきなり訪問し、

この家がいかに耐震性が弱く危険なのかを専門用語を並べ立てて不安をあおり、

きちんとした耐震診断も行わずに高額の工事契約を結んでしまう、といった手法を


取っています。

耐震補強の相談は 色々な所にして下さい。

耐震補強のご相談は 当社でもおうけしております。

どんな小さなことからでもお受けしますので、まずはご連絡ください。

 

※お客様がもっとも不安に感じる作業料金については、

説明後(見積もり無料)納得して頂いてから作業致します。

 

また、追加料金が発生する可能性がある場合は、当然先に説明します。

・半日仕事代目安:2万円 (下見代込み)

・一日仕事代目安:3万円 (下見代込み)

・簡単作業一時間:3千円~

その他材料費、交通費(豊島区内無料)など別途でいただきます。  
お客様からの材料支給も可能です。

 

※当店では 以下の仕事もお受けいたします。

出張散髪(寝たきりの方も歓迎します)、 お部屋掃除、  ベランダ鳩よけネット張り、

ゴキブリ退治、  チラシ配り、  草むしり、  どぶ掃除、 ゴミ屋敷の整理、

大工仕事、  ペンキ塗り、  上下水道工事、  水漏れ修理、   植木の剪定、  

介護保険で受けられないサービス、  お話し相手、  お子様の送迎、  ボディガード、 

家具の移動及び組み立て、  プチ引越し手伝い、  荷物の運送手伝い、  不用品処分、 

粗大ゴミ処理、  遺品整理、  盗聴器発見、  エアコン掃除及び取り付け外し、  

犬の散歩、 迷い犬猫探し、 テレビ番組の録画代行、 並び代行、 集金代行、 墓参り代行、

冠婚葬祭出席代行、 お買い代行

 

24時間営業なので いつでも どんなことでも ご相談ください!
 

マー君のブログ
       
※違法なご依頼は事情を問わずお断りします! 

 


          
          全国便利屋協会登録  便利屋 こ こ ろ
          
            

              http://siseituuten88.sharepoint.com
            
                TEL&FAX 03-6912-7744
           
             携帯電話 080-3354-8088(ソフトバンク)

                  対象地域:豊島区及びその周辺